英会話を学ばせる【積極的に教室に通わせてみよう】

学習させたい理由

英語

世間では、なぜ幼児時期の早い段階で、英語を習う必要があるのか?習わせないといけないのか?と思う人も多いと思います。幼児教室などで英語を教えている先生からは、少なくとも教材などを使い耳だけは英語に慣れさせたい、触れておいてもらいたいと思っている先生が多いようです。なぜならば、なるべく脳が発達過程の早い段階で、英語の音をインプットしたいことが大きいようです。すなわち、すべての生まれてきた幼児が持つ、秘めた優れた能力に期待しているからなのです。これは、親御さんも同じ思いだと感じます。幼児は日本語や英語だけでなく、世界中のすべての言葉を言葉として感じているのではなく、音として聞き分け、脳内に吸収し身につける能力を持っていると言われています。よって、親御さんが名前を呼ぶときに、名前を言うと思いますが、名前に反応しているのではなく、親御さんの声の声質を音として認識して、判断しています。脳が発達過程の早い段階で、「音」に慣れさせることで、日本語と英語両方の音を聞き分ける能力が身につくといわれており、これこそが幼児期に英会話を含めた教材や幼児教室を使う最大のメリットだとも言われています。
また、英語を子供のときに学んでおくと、将来様々な場面で活用することができます。今後は日本だけではなく、様々な国で活用されるようになると考えられているので、学んでおいて損することは無いでしょう。英語を学んでもらう方法は親が決めることなので、真剣に考える必要があります。