英会話を学ばせる【積極的に教室に通わせてみよう】

将来にわたって有効

女の人

先を見据えて

最近では小学校の教科の一つとして、英語が採用されており、国際化社会に対応するために日本の教育の方向性も変化してきています。しかし、これまでの経緯から小学校の教員は英語を教える準備は十分ではなく、これまで教えた経験もない人がほとんどです。これでは充分な英語教育が施される期待は薄く、定着まではしばらく時間が必要な状況ですが、生徒としてはできなくても仕方がない、という言い訳はできません。そこでしっかりとした英語対策を行う方法としては、学校以外の時間を設け、塾を利用するという手段があります。英語塾の中には小さいうちから英語に慣れることを目的とした英会話を中心とした塾と、文法などもしっかりと身に付けさせることを目的とした受験対策を意識した塾に分かれる傾向にあります。将来的に英会話をしっかりとできる能力を身に付けるためには前者を、受験対策としては後者が選ばれることが多くなっていますが、最近ではどちらも意識した塾が登場してきています。発音については小さいうちから耳を慣らすことで感覚を身に付け、ある程度の文法を認識できるようになる小学生高学年からは、文法を加えていくという方法が採用されています。これらの能力を身に付けておくことで受験対策としてのリスニング、スピーキングについての対応、座学での文法問題、長文問題、英作文などがスムーズにこなせるようになります。もちろん、これらは大学受験に向けたものであると同時に、将来的に就職してから役に立つスキルでもあります。